公社案内

施設概要

施設名称 高知県魚さい加工公社 魚腸骨資源化施設
所在地 高知県高知市神田字治国谷1646−1
工事敷地面積 6,728u
工事期間 平成16年1月30日〜平成17年3月31日
建築構造 鉄骨ALC造3階建て
建築面積 1,069u
延床面積 2,356u
原料処理能力 5トン/時(30トン/1日)
原料処理方式 蒸煮方式
排水処理能力 60m3/日
排水慮リ方式 膜分離活性汚泥法
設計施工 三菱レイヨンエンジニアリング梶E轄倦g特定建設工事共同企業体
役員名簿 【評議員】
■今西剛也  高知市環境部副部長
■宮本 猛  高知県水産振興部副部長兼水産流通課長
■小松俊江  安芸市環境課長
■松本 巧  芸西村土木環境課長
■安井幸一  香美市環境上下水道課長
■西村正信  いの町環境課長
■松岡一宏  日高村産業環境課長
■和田 強  佐川町町民課長
■岡田敬親  越知町環境水道課長
■多田昭介  中土佐町町民環境課長
■門田康彦  高知中央市場鮮魚仲卸協同組合理事
■池澤啓輔  高知中央市場鮮魚買受人協同組合理事長

【理事】
■児玉篤宗  高知市環境部環境政策課長 (理事長)
■谷合成章  南国市環境課長 
■横田琢也  土佐市北原クリーンセンター所長
■西森茂幸  須崎市環境保全課長
■安岡敬子  香南市環境対策課長
■國吉正稔  高知中央市場鮮魚仲卸協同組合理事長
■千崎晧一郎 高知中央市場鮮魚買受人協同組合専務理事
■萩野達也  高知県林業振興・環境部環境対策課長
■石田高徳 (専務理事)

【監事】
■西森 博 税理士
■森岡嗣郎 高知中央市場鮮魚仲卸協同組合理事

公社の沿革

公益財団法人高知県魚さい加工公社は、魚腸骨(魚あら)の適正な再生利用等、これらに関する各種事業を行う事により、県民の生活環境の保全及び公衆衛生の向上、並びに県内における水産食料品の安定的な流通の確保を図ることを目的として、高知県、高知市など18市町村、県漁連など民間3団体が出資して、平成9年に日高村で設立しました。

公社では、高知県内18市町村の鮮魚店、量販店、水産加工場、市場などから排出される魚さいを、魚粉や魚油などに加工し、家畜の飼料としてリサイクルしてきました。
平成17年に施設を高知市に新築し、移転しました。

アクセスマップ


大きな地図で見る